印鑑の印材別お手入れ方法と保管方法

いい判子屋さんの実印・銀行印は、職人が重厚感ある印鑑を作成しております。
お問い合わせ
初めて「いい判子屋さん」で印鑑作成されるお方はコチラをご覧下さい 高品質な印材だけを使い判子を手作り作成している「いい判子屋さん」取り扱い商品です。 職人が手作り作成する「いい判子屋さん」からのお知らせ・お得情報 印鑑種類・印鑑書体・印鑑サイズ・印鑑のお手入れ方法など役立つ情報をアドバイス 実印・銀行印・認印・角印・ゴム印などのご注文方法 職人が印鑑を作成する「いい判子屋さん」に寄せられた質問事項
トッページへ 印鑑のお手入れ方法
実印・銀行印・認印・お得な印鑑セット・訳あり印鑑・印鑑とペアネーム・印鑑とディズニーのセット
実印
カバ印材の実印
実印 【お値打ち】
銀行印
カバ印材の銀行印
銀行印 【お値打ち】
激安 【銀行印】
カラー銀行印
認印・仕事印
お得セット【実印+銀行印】
印鑑+ペアネームのセット
印鑑+ディズニーセット
印鑑+おなまえスタンプセット
会社用印鑑には実印・銀行印・角印・住所ゴム印・おなまえ印・オリジナルゴム印
実印・銀行印
角印・蔵書印
ゴム印【住所印】
ゴム印【住所印】親子印
のし用ゴム印・おなまえ印
オリジナルゴム印
会・サークルなど団体の印鑑
会・屋号名の印鑑
旧字・外字について
印鑑を末永く使用していただくためのお手入れ方法をアドバイス
お手入れ用品
高品質な黒水牛・牛角・象牙・カバ・本柘の印材だけ使い手作りで印鑑作成しお届けする判子専門店の印材別メニュー
黒水牛印材
牛角印材
象牙印材
カバ印材
柘印材
印材の種類・印鑑種類・印鑑の書体・印鑑のサイズ・印鑑登録について・印鑑のお手入れ方法・保管方法のアドバイス
開運印・吉相印とは?
印鑑 印材・材質
印鑑の種類
印鑑の書体
印鑑サイズ
印鑑登録【実印】とは
印鑑お手入れ方法
当店作成印鑑の特徴
長持ちする作りの印鑑
当店概要・あゆみ
空白

印鑑のお手入れ方法

大切な印鑑を末永くお使いいただくための方法

どの印材にも共通していえることですが下記の点をお守り下さい。
当店が、取り扱っております印材は、全て手に優しい天然素材で柘<つげ>印材以外は、生涯保証の印材を使用し欠けにくいように丁寧な「手仕上げ」 しております。
印鑑は朱肉や目に見えなくても紙粉やほこりが付き、徐々に文字の線と線の間に詰まり綺麗な印影が保てなくなります。目詰まりしてから掃除をするのではなく日頃から気を付けてご使用くださいますと、より永く綺麗な印影を保つことができます。
象牙印材のお手入れ方法象牙印材
水牛系の印材と比べますと、乾燥などのひび割れに強い印材ですが大変デリケートなので、ご使用後は柔らかな布で優しく拭き、専用の印鑑ケースに保管してください。
印面を磨く場合は、中性洗剤をつけた歯ブラシ(新品でなくても良いです)で磨いてください。
象牙印材だけの特徴として朱肉の朱を吸収し印面から徐々に朱色に変わって来ます。
象牙印材は耐久性があり、虫食い等の心配もございませんが、耐久性があると言いましても、強い衝撃により、外枠の弱い部分にヒビが入る事がございますので、ケースから出す時などのコロコロと転がって落とすことのないようにご注意ください。

象牙印材で印鑑作成 を、ご希望のお方は印材の種類別コーナーから、お求めいただけます。
カバ印鑑のお手入れ方法カバ(河馬)印材
水牛系の印材と比べますと、乾燥などのひび割れに強い印材で基本的には象牙印材と同じです。
ご使用後は柔らかな布や紙で朱肉を優しく拭き、専用の印鑑ケースに入れ保管してください。
印面を磨く場合は、中性洗剤をつけた歯ブラシ(新品でなくても良いです)で磨いてください。
カバ印材は耐久性があり、虫食い等の心配もございません。強い衝撃により、外枠の弱い部分にヒビが入る事がございますので、ケースから出す時などのコロコロと転がって落とすことのないようにご注意ください。

カバ印材で印鑑作成 を、ご希望のお方は印材の種類別コーナーから、お求めいただけます。
牛角印鑑のお手入れ方法牛角(オランダ水牛)印材
粘りがあり、欠けにくいのですが、一方で毛糸など純毛を食べる3ミリ程の虫が好んで食べる場合があります。作製して1〜2年の間、長期間使用されない場合は防虫剤で虫食いを防いでください。
ただし、日頃使用されますと、人間の手の油や朱肉の油を虫が嫌いますので、食べられる心配はありませんので、ご安心ください。
天然素材ですので乾燥を嫌いますので直射日光や照明の下に長時間あたりますとヒビ割れをおこすことがありますのでケースに入れて保管し艶が無くなった場合はオイルなどでお手入れして下さい

牛角印材で印鑑作成を、ご希望のお方は印材の種類別コーナーから、お求めいただけます。
黒水牛印鑑のお手入れ方法黒水牛印材
牛角と同じ特徴を持っています。粘りがあり、欠けにくいのですが、純毛を食べる3ミリ程の小さな虫が好んで食べる場合がありますので長期間使用されない場合は防虫剤を入れておいて下さい。
ただし、日頃使用されますとこの小さな虫は人の皮脂や朱肉の油を嫌います。面倒なお方は愛情を込め手の中でコロコロと転がして下さい。特に黒水牛印材は乾燥にデリケートな印材ですのでケースに入れて保管しオイルなどでお手入れして下さい。
黒水牛印材で印鑑作成を、ご希望のお方は印材の種類別コーナーから、お求めいただけます。
柘印鑑のお手入れ方法本柘印材
柘〔つげ〕印材は、他の印材に比べて欠け易いのは、印材自体が軟らかい事と朱肉の油で傷んでしまうのが原因です。朱肉の中に入っている油分が、柘印材に染み込み、印鑑のフチが欠けやすくなるのです。また柘印鑑の場合は決して水に濡らさないようにして下さい。ご使用頻度により一概には言えませんが、頻度が多くない限りは半永久的に使用していただけます。
本柘印材で印鑑作成
を ご希望のお方は印材の種類別コーナーから、お求めいただけます。
キャップ付き印鑑のお手入れ方法キャップ付き印材
当店は天然素材のみ使用して居りますので気温や湿度の変化によって伸縮・変形することがございます。保管状況によっては法人用印鑑及び個人用印鑑でもキャップ付き印鑑はキャップが取れなくなってしまう場合がございます。そのような場合は無理に取ろうとせずに、冷蔵庫などでしばらく冷やすか本柘印材以外は湿度の高い所に、置いておかけれると取りやすくなります。

印鑑の保管方法のまとめ

  • 直射日光が当たらない所で保管して下さい。
  • 1年通じて、なるべく温度差が少ない所で保管して下さい。
  • 印材は天然素材ですので息をしており過度の乾燥を嫌います。なるべく温度の変化が少なく湿度が低い場所が好ましく冬場の暖房・夏のクラーによる乾燥には充分気を付けて下さい。急激な乾燥は場合によってはひび割れの原因となることがありますので必ず印鑑ケースに入れて保管して下さい。

印鑑を押すときの注意点

  • 捺印の際には用紙の下に印マットやクッション性のある物を敷いて行ってください。なによりも印鑑への思いやりであり負担を減らす事となります。
  • 捺印後は、印面に残った朱肉を柔らかい布やテッシュペーパーなどで拭き取って頂きますといつまでも鮮明な印影を保つことが出来ます。
  • 朱肉の品質によって、印影の美しさにも違いが出ますので、あまりに安い朱肉はお勧めできません。シャチハタ製品など質の良い朱肉をお選び下さい。
印鑑に詰まった朱肉を取り除く方法
粘土のような粘り気のある物に押しつけ少しずつ取るか歯ブラシで少しずつこすり落として下さい。
歯ブラシは必ずしも新品でなく使用済みのものでもよろしいですが、なるべくブラシの毛は柔らかいものをご使用ください。傷を付けてしまうと大変ですから固まった朱肉を針や先端の尖ったものでつついて取らないで下さい。
石鹸を泡立て、ぬるま湯で優しく洗い流していただくと綺麗になりますので力を入れ過ぎて印面を傷をつけないよう気をつけて気長に行なってください。
朱肉が固まってしまってから取り除こうとしても難しく面倒なことですから使用後その都度ティッシュペーパー・柔らかい布などで朱肉をやさしく拭き取って下さい。それが一番簡単な方法で印鑑に対する思いやりです。
印鑑やゴム印の印判についた紙粉やホコリ・朱肉を印面を傷めず取り除くことができるシャチハタ製品のゴミトール・印鑑ブラシを使用されますと簡単に綺麗になります。
大切な印鑑を更に長持ちさせるお手入れグッズ  ご購入いただけます。
「いい判子屋さん」は職人が品格ある印鑑を作成する専門店です。
いい判子屋さん【実店舗:富田印章堂】
 印刻士 : 冨田正之
岐阜県不破郡垂井町1555-1
TEL : 0584-47-7831/0584-22-0131
FAX : 0584-23-4351
Mail: info@e-8583.com
Copyright (C) 2008 印鑑作成は「いい判子屋さん」印鑑通販 All Rights Reserved.